ブルーウォーターが赤ちゃんのミルクやお年寄りのお茶に最適な理由

アルツハイマー型やレビー小体型など様々な原因やタイプがある認知症ですが、一旦発症してしまうとお年寄りを中心に嚥下能力(飲み込む能力)が低下してしまい、さらに自発的に水分をとろうとする力も低下してしまうため、家族としては何かとすぐに出せるようなお茶やお水などに水分補給を頼らざるを得ないという日がやってきます。そして赤ちゃんについても、ミルクや他の水分補給を自分で行うことができませんので、保護者がかなり注意をしておく必要があります。実はこの、お年寄りと赤ちゃんの水分補給にはある共通項があり、それが「お水の品質にこだわって損はなし」という点なのです。
水道水でも問題はないのですが、やはりお年寄りや赤ちゃんには品質にこだわったおいしいお水を使ってミルクやお茶を飲んでもらいたいものですよね。そこで最近こういったお年寄りや赤ちゃんがいらっしゃるご家庭で続々と導入されているのが「ブルーウォーター」というウォーターサーバーです。では、なぜブルーウォーターが赤ちゃんのミルクやお年寄りのお茶に最適なのか、という部分について今回はご紹介していきます。


ブルーウォーターとは

それではまず最初にブルーウォーターというウォーターサーバーについて解説していきます。
こちらのブルーウォーターは東証一部上場を果たしている上場企業である「特種東海製紙」という会社が運営するウォーターサーバーのブランドとなっています。

ウォーターサーバーの会社には正直なところ、あまり信頼の置けないような小さな会社がやっているものも多くありますので、こういった上場企業が行っているウォーターサーバーというのは安心感が違いますね。
そしてブルーウォーターはウォーターサーバーの常識を打ち破ったシステムを採用していることでも知られています。すなわち「お水を3種類の中から選ぶことができる」というシステムです。このお水を選ぶことができるという特徴持っているからこそ、ブルーウォーターは多くのお客さんから信頼を得て、そしてリピートの発注を受けているのです。

お年寄りはお茶が好き

そして、突然ですがお年寄りはお茶が好きです。というのもお年寄りの方々が現役だった時代には今のようなスポーツドリンクもありませんし、缶コーヒーやジュースなどもありませんでしたの普段飲むソフトドリンクとしてはやはりお茶が第一党に来るのです。カルピスなどは当時からあったということですが、それでもやはりカルピスを毎日ガブガブと飲んでいたお年寄りというのはあまりいないのではないでしょうか。

そう考えると、食が細くなり、飲み物もあまり喉を通らないというお年寄りにはおいしいお茶を召し上がっていただきたいものですよね。ブルーウォーターならそんなおいしいお茶を作ることも可能となっています。

というのも先程もご紹介した通り、ブルーウォーターはお水を3種類から選ぶことができるようになっていますので、お茶に適した硬度を持つお水も選ぶことが可能となっているのです。ちなみにお茶に適した硬度というのはうまみ成分、甘み成分、そしてタンニンという渋み成分を一番引き出すことのできる硬度50mgから80mgくらいと言われています。そして、ブルーウォーターのお水のラインナップの中でこの条件に合致するお水というのが硬度62の日田の天然水です。こちらは日田は天領水でも有名な大分は日田の天然水となっており、硬度についてもバッチリ62というちょうど良い数値になっていますので、安心してかつ、おいしいお茶を楽しんでいただくことが可能となっています。




赤ちゃんのミルクは硬度が命

また、赤ちゃんのミルクについてはミネラルの過剰摂取になってしまうためミネラルウォーターで作ることを避けるという動きがありますが、こちらはあくまでもミネラルがあまりにも多すぎる、つまり、硬度の高いお水が避けられる傾向にあるというだけのことなのです。反対に硬度の低いお水であれば、赤ちゃんの未発達な内臓にダメージを与えてしまうような多量のミネラルを含まれていませんので安心して与えることができますよね。
そんな時には、ブルーウォーターの商品の中の古都のみやび天然水がおすすめです。こちらは京都のお水で、硬度は何と30。つまり、東京都や関西、九州地方な本州の幅広いエリアの水道水よりもはるかに硬度が低いということになります。ちなみに硬度30というと、おおよそあの食の大地である北海道の水道水の平均値と同じくらいの硬度です。
これなら安心して赤ちゃんのミルクを作ることができますね。




まとめ

いかがでしたか。今回はお年寄りや赤ちゃんに使用するお水はブルーウォーターが適している、というテーマでお水の硬度などについてのトピックをお届けしてきました。

ここまでご紹介してきたブルーウォーターですが、実はこのブルーウォーター、OEMと言って、とあるウォーターサーバー製品のリブランド品とも言うべき製品なのです。つまりオリジナルの製品が存在します。それがコスモウォーターというウォーターサーバーなのです。こちらのコスモウォーターが本家本元のオリジナルのウォーターサーバーとなっていますので、より安心してお水を楽しみたい、またはお年寄りやお子様に与えたい、という場合はコスモウォーターの方の情報もチェックすると良いでしょう。
>>トップページへ戻る

関連記事